うつ病の仲間である双極性障害についてどのような病気か知りましょう

ページトップへ

家族

家族からのサポート

双極性障害は、発症している本人だけでなく、家族も治療のために努力することが必要になります。一人では治すことが難しいものです。そのため家族は双極性障害について知ることが大切です。双極性障害についてしっかりとした理解を行なうことによって、早期改善へと向かうことが出来るのです。家族が双極性障害を治すために努力することを家族療法といいます。家族一丸となって双極性障害の治療を行なっていきましょう。

何故、家族治療を行わなくては行けないのかというと、双極性障害の躁状態では、家族に様々な影響や負担を与えてしまします。家族の対応次第では、双極性障害を悪化させてしまう危険性があるのです。病気とわかっていても、嫌な顔をしてしまうことや、それに近い行動を行なってしまうと、患者にストレスを与えてしまいます。これらのストレスに敏感に反応してしまい、悪化させてしまうのです。悪化させないようにすることが家族療法の目的ですが、他の目的もあります、それは、症状を改善へと剥けることです。家族一丸となって治療に取り組むことによって、患者を助けることが出来るのです。家族が理解を示し、一緒に双極性障害と向きあうことによって、患者にもよい影響を与えることが出来るのです。自宅で良い影響を得ることが出来れば、薬剤治療や精神治療の効果を高めることができ、早期改善へと持って行くことが出来るのです。まずは家族が双極性障害の理解を行なうことが必要になるのです。