うつ病の仲間である双極性障害についてどのような病気か知りましょう

ページトップへ

家族

精神治療について

双極性障害を治すためには、薬剤治療だけでは足りません。精神治療を同時に受けることが大切になります。医療機関に通院することが大変になりますが、定期的に通院することによってより良い効果を得ることができます。どのようなことを行なうのか知ることが大切です。

精神治療の中には、心理教育が存在します。心理教育とは、カウンセリングと患者がマンツーマンで話し合うことをいいます。カウンセラーから対応方法や、治療に関することを話すのでは無く、お互い同じ位置からコミュニケーションを取ることができます。現在の自身の状態を正確にカウンセラーに伝えることが大切になります。これによりカウンセラーが患者のことを深く理解することができ、同じ目線でのコミュニケーションを取ることが出来るのです。これにより、治療方法の具体的な効果や方法を認識することが出来るのです。

精神治療の一つとして、認知行動療法が存在します。認知行動療法では双極性障害を発症している患者さんが、自身の行動を省みることを手助けする方法です。双極性障害になってしまうと否定的に物事考えてしまうことがあります。否定的な考えに結びついてしまう原因をカウンセラーと一緒に考えることが出来るのです。これにより、日常生活をおくる上で適応的な考え方が出来るようにしてくことができます。認知行動療法を行なうことによって、双極性障害を改善に大きく近づいていくこと可能なのです。